アトピーで悩んでいるという人は症状の程度の差はありますが大人や子供、
男女に関係なくとても多いといわれています。
アトピーは、皮膚にかゆみが生じるため、その症状はとても辛いものです。

 

アトピーなどのアレルギー症状に乳酸菌が良いと言われるようになってから、
乳酸菌を摂取しているという人も多いと思います。
なぜ、乳酸菌を摂取するとアトピーなどのアレルギー症状に効果があるのでしょうか。

 

乳酸菌を摂取することによって腸の中にある善玉菌は増えます。
善玉菌が増えると腸内にある悪玉菌が減少し、腸内環境が良い状態へと整えられます。

 

そして、その効果によって免疫力が高まるため、病気になりにくくなるなど体の外から入り
込もうとする病原体などにも対応することができるようになり病気になりにくくなるのです。

 

 

アトピーの症状は、過剰な免疫力を正常に整えることで改善する?!

 

しかし、免疫力が高ければ体にとって良いというわけではなく、免疫力が高すぎてしまうと、
どんなものに対しても体にとってよくないものとして過剰に反応してしまいます。

 

アトピーをはじめとするアレルギー症状は免疫力が高すぎてしまうことによって起こるとも
言われているのですが、腸内で善玉菌を増やすと免疫力を高めるだけでなく、
過剰な免疫力を抑えて正常な状態へと整える働きをすることもできるのです。

 

この免疫力を正常な状態に整えることができる作用がアトピーのよくある症状を改善させる
ことができると言われています。

 

乳酸菌は、ただ整腸作用があるというだけではなく、体に様々な栄養を与える免疫力を
調整することができるので積極的に善玉菌を増やすことのできる乳酸菌を摂取するように
すると良いと思います。