口から入れた善玉菌は胃酸によって死滅し腸まで届かない

 

それでは善玉菌はどのようにして腸内に摂取してあげるのが良いのでしょうか?

 

ヨーグルトや納豆、味噌などの発酵食品に多く含まれている善玉菌は、肉眼では確認することが
できないほど小さな大きさの菌です。

 

生きている菌をそのまま腸内まで届けてあげることができれば、腸内環境を大きく改善できるのですが、
生きた菌が腸内に達するまでの間には、強い酸が分泌されている胃の中を通過しなければいけません。

 

すべての善玉菌が胃酸によって死滅してしまうというわけではありませんし、死滅した状態でも腸内に
到達すれば他の善玉菌の美味しいエサとなるので無駄になりませんが、できれば生きた状態で善玉菌
を腸に届けたほうが、大きな腸内環境改善効果が期待できます。

 

善玉菌はサプリメントで摂取がお勧め

 

そこでおすすめなのが、サプリを使った方法です。

 

乳酸菌やオリゴ糖、ビフィズス菌などを含むサプリはたくさんのブランドからラインナップされていますが、
できるだけ生きた状態で腸に届けるためには。

 

胃酸に負けない成分で作られているカプセルタイプになっているものがおすすめです。

 

「善玉菌のチカラ」は、1年以上の研究開発の結果、生きた状態でデリケートなクレモリス菌FC株という
乳酸菌を腸まで届けることに成功した大人気のサプリで、短期間で腸内環境を改善したい人に適しています。

 

クレモリス菌FC株は、他の善玉菌と比べると粘りが強いという特徴のある成分で、腸内に届くと粘り成分
によって悪玉菌や毒素成分に絡みつき、確実に分解することができます。毎日継続して摂取することによって、
体の内側から確実に健康効果を実感できるのが魅力です。