妊婦がインフルエンザにかかると重症化する

インフルエンザは、ごく一般的な病気です。
ですので妊娠中には、特にかからないように気をつける必要が
あります。

 

妊娠中のインフルエンザ感染は、通常の状態にくらべて抵抗力が
弱っているためかかりやすくなっています。
妊娠中にインフルエンザに感染すると胎児が双極性障害になる
リスクが通常の4倍以上になるといわれています。

 

一般的には、予防接種を受けてインフルエンザに掛からない
ようにします。

 

妊娠中の予防接種は、一部では摂取できないといううわさが
ありますが、実はそうではありません。
妊婦でも摂取することはできます。

 

妊娠中だからインフルエンザの予防接種は打てないと思って
感染することは避けたいものです。
インフルエンザの季節になれば、まず産婦人科の主治医に
相談しましょう。

 

インフルエンザを予防するには

予防接種をうってもインフルエンザにかかるときはかかるも
ので予防接種を打つ意外にも自分でもインフルエンザに掛か
らないような工夫はしたほうがいいです。

 

一般的には

  • 外から帰ったら手洗いうがいをする
  • 予防のためにマスクをする
  • 人ごみにはなるべく行かないようにする
  • 部屋を加湿して乾燥させない
  • 栄養をかたよらないようにする

 

それ以外には、インフルエンザになりにくくするように抵抗
力を高める食べ物があります。

 

それは、カスピ海ヨーグルトというヨーグルトです。

 

カスピ海ヨーグルトは、インフルエンザの抵抗力の指標となる
抗体価という値を上げることが確認されています。
すなわちカスピ海ヨーグルトを食べることでインフルエンザの
予防接種の効果が高くなります。

 

わざわざ、カスピ海ヨーグルトを購入したり作ったりするのは
めんどくさいという人には同じ効果を持ったサプリメントが
あります。

 

善玉菌のチカラというサプリメントです。
善玉菌のチカラは、クレモリス菌FC株を含みカスピ海ヨーグルト
と同じ効果が期待できます。

 

妊娠中は、便秘になりがちですが、整腸効果も期待できますので
妊婦にはぴったりのサプリメントです。

 

>>インフルエンザの予防にはこれです<<