乳酸菌の摂取は、便秘の解消など私たちの体にとっては欠かすことのできないものです。
最近では、乳酸菌でも生きたまま腸に届くことのできる乳酸菌が話題となり多くの人たちが何らかの乳酸菌を摂取していると言われています。

 

腸まで届く乳酸菌には、菌株によって種類や商品名などに違いがあり、正式に乳酸菌として認められている数は250種類以上と言われています。

 

また、ヨーグルトとしてとることのできる乳酸菌は、7500種類以上もあると言われています。

 

研究、製造しているメーカーなどによって菌株には微妙に違う働きを持っている乳酸菌を組み合わせるなどの特徴がありどの乳酸菌がどのような働きをするのかも微妙に違うようです。

 

 

腸まで届く乳酸菌で一番の効果は整腸作用

腸まで届くと言われている乳酸菌の働きで一番有名なのは整腸作用です。

 

善玉菌を増やして、悪玉菌を減らす働きを持つといわれている乳酸菌は、正しく機能すると便秘の解消から始まり、美肌効果を得ることができたり、様々な病気の予防にもつながるなどの様々な効果を得ることができると言われています。

 

最近では花粉症などのアレルギー症状を軽減することもできると言われている乳酸菌も多く出ているので自分の気になる症状に適した乳酸菌をとるようにすると良いようです。

 

腸まで届くと言われている乳酸菌は、生きたまま腸まで届くためにその効果は通常の乳酸菌よりも高いと言われていますが、実際のところは、生きたまま腸に届いてもそのまま住み続けることができるかどうかは微妙という説も多いようです。

 

また、腸の中の環境は同じ状態というものではなく人によって違いがあるのでどの乳酸菌がどのくらい生き続けることができるのかはわからないというのが実際のところなのかもしれません。

 

それでも、腸まで届く乳酸菌は、きちんと腸の中で生き続けることができた場合、私たちの体に良い効果をもたらしてくれることには間違いないので、少しでも腸内を良い状態に保つためには腸まで届く乳酸菌を継続して摂取していくようにすると良いと思います。